2017年6月の記事一覧

デザインカスタマイズ&CSSの在処

デザインをカスタマイズしようと思ったがどこのCSS読みに行っているのか、ソースをそのまま見に行ってもわからない。

凡そ検討がついがのは

app/plugin/*/webroot/

の中にあるということ。

 

cssも含めて全体のデザインをカスタマイズする時は、

app/View/Themed/

の中にあるテーマ(Defaultがいいのかな?)をコピーして、中にある.jsonファイルのテーマの名前を変えてやって、

 

管理 > プラグイン管理 > コアプラグイン >  Net Commons > アップデート

 

してあげると、テーマ選択のところに出てきます。

 

あとはディレクトリの中にある webroot/css/style.css を編集してやればカスタマイズし放題!

 

ちなみに恐らくだがオーバーライドするcssは

 

app/plugin/pages/webroot/css/style.css


だと思われる。

なので共通でオーバーライドさせたい場合のCSSはここを触ろう。(バックアップは忘れずに)

 

cssを好きにいじったら、あとは

 

管理  >  プラグイン管理  >  テーマタブ  >  カスタマイズしたテーマ  >  アップデート

 

で、cssが適用されます。

ただ、サーバーによってはサーバーの中にキャッシュが残ってて反映に時間がかかるので、気長に待ちましょう。

0

NetCommons3のルートディレクトリ

NetCommons3をインストールすると、ルートディレクトリ、つまり、実際に表示されているIndexファイルはどこの階層にあるのかご存知ですか?

 

実はこうなんです。

 

 

app/webroot/



ここなんですね。 CakePHPの知識なんかがあれば当然のことなのかもしれませんが、私にはわかりませんでした!

GoogleのSearch Console等で権限確認やSitemapを置く時にはここを基準に置きましょう。

0

ヘッダーとフッターの編集

NetCommons3では標準で画面上部の黒帯(ヘッダー)と、最下部の白帯(フッター)があり、画面上からは編集できません。

 

このふたつはそれぞれ

ヘッダーは

app/Plugin/NetCommons/View/Elements/common_header.ctp

フッターは

app/Plugin/NetCommons/View/Elements/common_footer.ctp

 

というファイルがデザインを担っており、これを編集することで内容を変更することができます。

せっかくのオリジナルホームページなのに「Powered by NetCommons」では格好がつきませんよね。

 

なので上記ファイルを好き勝手に編集してしまいましょう!

でも、予めバックアップは忘れずに!

0

NetCommons3のBaseURLが記述されているファイル

 

 

app/Config/application.yml

 

このファイルの4行目に

fullBaseUrl: http://****.jp

という記述があるので、そこを変更すればOK

その後

管理 > プラグイン管理 > コアプラグイン > Net Commons

をアップデートすれば反映されるみたい(JSのパスが直ってなかったのでやってみたら治った。検証したわけではない)

 

インストールを動作確認用URLで行った場合や、SSL適用した際に変更するべし。

 

他のパス情報なども個々にあるので、画像やCSSのディレクトリを変更する時や、

ルートパスを変更する時にもお世話になるかも。

0